近視回復トレーニングを実践

 

近視回復トレーニングを実践

ここでは簡単に近視回復トレーニングの方法について解説させていただきます。

 

近視を回復させる方法というのは、眼科の通電治療を受けたり、またレーシック手術もあるのですが、ここではそのような方法以外で、近視を回復させることの出来る方法をご紹介します。

 

レーシック手術というのは、メガネやコンタクトレンズなどと同様の原理となっており、厳密に言いますと目が回復するというワケではありません。このことから近視を治療する方法というのは、再度自分の目の筋肉の柔軟性を取り戻すことなのです。

 

目というのは実際に筋肉が多く存在している部分となります。目の周囲には外眼筋が6本取り巻いており、左右の目を合わせて12本です。
眼球というのは、このように筋肉に取り巻かれているのです。もしもこの外眼筋が同時に緊張を起こしてしまうと、眼球が変形してしまう可能性は十分に考えられるのです。

 

近視回復トレーニングの一つとしまして、この外眼筋を鍛えていく眼筋トレーニングを挙げることが出来ます。これは目を速く動かしてあげることで、外眼筋を効率よく鍛えるものです。
そもそも近視というのは外眼筋が弱体化してしまっているのが原因とも言われています。

 

体のどの部分も使わなければ衰弱してきてしまいます。
眼筋トレーニングにおきましては、視点移動を行なったり、また対象から目を離すことなく、ずっと追い続けていくといった2種類が挙げられます。

 

この前者を跳躍性眼球運動といい、後者を追従性眼球運動と呼んでいます。スポーツビジョンの世界におきましては2種類の動体視力として一般的に注目されています。

 

目の疲労を回復させる

 

ちなみに速読教室では、高速で目を動かすことで読書をします。そうすることで近視が回復していくと言われています。まさにこれが、本人が知らない間に眼筋トレーニングをしていることになります。

 

他にも毛様体筋を鍛える近視回復トレーニングもあり、この場合仮性近視や初期の近眼というのは、毛様体筋の緊張が視力低下の原因として最も多く考えられますが、この視力訓練法は有効となります。

 

眼球が伸びてしまっている軸性の強度の近視に対して、そこまで効果を期待することが出来ないかもしれませんが、目の疲労を回復させることは出来ます。つまり眼精疲労の予防や解消には十分になります。

 

ここでは無料でできる視力回復トレーニングの方法を簡単にご説明しました。他にも様々なトレーニング方法がありますが、それでも回復が見込めなかった場合には、眼科で治療をするのも一つの方法です。