人気のある近視治療方法

 

人気のある近視治療方法

今、眼科で提供されている通電治療と呼ばれる治療方法が、世間的に注目されています。

 

眼科の通電治療というのは、通電療法とも呼ばれていますが、簡単にご説明しますと、目に電気を流すことにより、近視を徐々に回復させていく眼科治療となります。

 

眼科の通電治療におきましては、患者がアース棒を湿った手で握り、後はそのままの状態を維持していることで、電極棒を使用して近視の治療をすることが出来ます。

 

これは2本の電極棒を目の周辺のツボに沿って、周回させていきます。もちろん目に対して直接電気を当てるわけではなく、目のまわりに当てるだけとなりますのでご安心ください。

 

眼科の通電治療というのは、1回1000円だったり、1500円程度に設定している眼科もあります。これは特に毎日通う必要はなく、1週間に1回のみだったち、2週間に1回とかといったペースとなります。例えばスポーツ選手の中にもこの治療法をしている選手がおり、ワンシーズンに1回というペースで治療を行っているようです。

 

しかし、これは個人的な感想となりますが、毎日行わなければ効果が弱いような気がします。わざわざ眼科で治療をするよりも、超音波治療器ソニマックを購入してしまい、自宅で好きなだけ、好きなタイミングで超音波を目に当てた方が良いかもしれません。

 

さてそんな近視の通電治療についてですが、体に水分が多く含まれている子供のほ方が効果が高いと言われています。水は電気が流れやすい性質を持っていますので、当たり前のことです。

 

近視回復トレーニングで近視を回復

 

だからと言いましても、子供の全てが視力を改善するが出来るかといいますと、残念ながらまったく効果の現れない子供もいるようです。それとは逆に、水分が少ない年配の人の視力がかなり回復するといったケースもあります。

 

近視の通電治療というのは、毎回1000円以上必要になってきますし、通うのを途中で止めてしまったら、視力回復センターと同じように、その後には急激に視力低下してしまい元に戻ってしまうこともあります。このことから一生通い続けてこそ通電治療には意味があるのです。

 

それでしたら最初から自宅で好きなタイミングで実践することの出来る視力回復トレーニングに取り組んだ方が賢い選択かもしれません。

 

もし、自宅で実践することによって近視回復トレーニングで近視を回復することが出来るのでしたら、やらないでいるのは正直勿体無いことです。是非出来る限りのトレーニングを行うようにしてください。