レーシックにおける種類

 

レーシックにおける種類

ただ単にレーシックと言いましても、実際に調べてみますと術式やプランがたくさん存在し、どのようにして選んだら良いのか難しいところかと思います。

 

全国的に有名なクリニックのホームページを確認してみますと、違いがよくわからないプランが所狭しと並んでおり、値段以外の判断基準がハッキリとわからないという方も多いかと思います。

 

そのような人は、まず最初に、フラップを生成する機械と、屈折矯正をすることとなるエキシマレーザーの種類について把握をしておくようにしましょう。これら2つを理解するだけでも、かなりレーシックについて知ることが出来るようになります。

 

フラップを生成する機械角膜の表面を蓋状に切り開いていく、つまりフラップを作ることとなる機械というのは、大きく分けて2種類に分けることが出来ます。

 

その一つとして、マイクロケラトームが挙げられます。これはいわゆるカンナのようなものであり、角膜の表面を薄くスライスすることによってフラップを作っていきます。これまではこちらの機械が主流傾向にあったのですが、現在ではあまり使用されることが無いようです。

 

今現在主流となっている物としまして、フェムトセカンドレーザーと呼ばれている機械があります。このレーザーを使って角膜表面を切り開いていきフラップを作っていきます。

 

こちらの機械の場合ですと、フラップを薄く、そして厚みを一定に維持しながら作っていくことができ、従来よりも乱視やゆがみを抑えることができ、後遺症や合併症などの発生率を大幅に下げることが出来ます。

 

エキシマレーザーでフラップを作る

 

このことから、フラップを作る機械についてですが、実質このフェムトセカンドレーザーの性能のことについて調べていけば問題無いでしょう。

 

国内におきましては、ジーマー社とAMO社の機械が主として使用されていますので、両社のものをインターネットなどで比較することをオススメします。

 

エキシマレーザーでフラップを作ってから、その内側に存在している角膜実質層を削っていき、角膜の屈折率を実際に変化させることになる機械がエキシマレーザーです。

 

このエキシマレーザーに関しましては、かなり技術が進化してきており、性能については各製品ともそこまでの違いは無いとされています。

 

しかし、あまりにも強度な近視の方の場合には、少々注意しなければいけません。実は強度の近視の方へ手術をした場合、その精度が落ちてしまう可能性があるのです。