近視の小児が増加

 

近視の小児が増加

最近では小児の近視も決して珍しいことでは無くなりました。通常、幼児期というのは遠視の状態となっており、眼球は短くなります。そのような遠視の目が成長をしていくと伴に、徐々に眼球が長くなり、正常な目へと成長していくのです。

 

子供の体というのは、成長をすることで、一人前の体を作っていくこととなりますが、これは目だったとしても同様のことが言えます。
子供の目と脳の両眼視機能が完全になる時期は、小学校に入学する時期である6歳頃を言われています。

 

実際のところ小児の近視というのは、さほど昔は見られないものでした。しかし、現在では幼稚園児の時代から近視が始まってしまうのも珍しいことでは無いのです。
この時期というのは先述していますが、本来は遠視の状態になっているハズなのです。

 

それがもう既に近視の状ということは、生活上に近視化を促進させてしまっている何かが存在していることになります。最も考えられる原因というのが、近くの見過ぎです。

 

幼児期の段階では、目がまだ完成していない状態です。そのような時期に目を酷使してしまうと、小児の近視が急激に進行していくと考えられます。

 

単純近視や学校近視

 

これは恐らく小児の近視の背景におきましては、ゲーム機ばかり家庭内でしていることかと思います。そのような状態では近眼を起こしてしまって当たり前のことです。
例えばゲームをする時間を制限するなどといった、親がコントロールしてあげる必要があります。

 

そして子供の睡眠に関しても大事なことです。夜更かしを続けてしまうと、自律神経が乱れてしまい、小児の近視を発症させてしまう原因になります。

 

イギリスで行われた研究において、3歳になるまでに、明るい照明の中で睡眠をしていると、急速に眼球が伸びて、将来的に近視になってしまうといった報告がありました。

 

この研究結果はその後に、否定されることになりましたが、実際には鶏というのは明るい照明の元で育てていくことで、成長が早く眼球も伸びていくようです。

 

ちなみに、一度でも視力1.2や1.5など、視力が良い時期があり、そこから徐々に視力が低下してしまってきている子供の場合には、悪性近視の部類にはなりません。これは単純近視や学校近視などと一般的に呼ばれています。

 

小児の近視だけに限ったことではなく、小児の遠視についても深刻な問題です。
学校の健康診断によって視力が低かったとしても、近視とは限らず、もしかしたら遠視である可能性もありますのでご注意ください。