近視で失明するって本当?

 

近視で失明するって本当?

近視になってしまうと、失明をする危険性はあるのでしょうか?例えば視力0.1以下の人やまして視力0.01といった強度の近視や近眼の人はかなり心配になってしまうかもしれません。

 

まず結論から言わせていただきますが、どんなに軸性近視が進行してしまったとしても、それが原因となって失明してしまうようなことはありません。とにかくどこまでもぼやけてきてしまうだけです。

 

ただ近視というのは、失明はしなかったとしても、物の存在だけしかわからないといった状態にはなってしまいます。強度の場合には、手元に書いてある文字さえも見えなくなってしまいます。

 

片目にすると手元の文字を見ることが出来ますが、両目で見てみると、手元にさえ焦点が合わなくなってしまうのです。このようなことは、寄り目の許容範囲を超えてしまっているからです。

 

とにかく近視は失明の危険性はありませんが、目の病気、つまり眼病と呼ばれているものには注意をする必要があります。近視の目というのは、比較的眼病になりやすい傾向にあるからです。

 

例えば軸性近視におきましては、網膜が引き伸ばされてしまっていることから、薄く弱くなってしまっていると考えられます。そうなりますと、少し目に刺激が加わっただけで網膜剥離を起こしてしまう危険があります。

 

疲れ目を溜めないことが最も大事

 

また網膜の中央部に異常が生じてしまう「黄斑変性症」も挙げられ、他にも正常な眼圧でも視野が欠けて見えてしまう「正常眼圧緑内障」、また近視に発生しやすい傾向のある「近視性の白内障」などです。

 

近視は失明する心配は無いとわかっていたとしても、このような眼病経由の場合には、光を失ってしまうことは十分に考えられます。もし糖尿病を発症してしまっているのでしたら、糖尿病網膜症を心配しなければいけません。

 

糖尿病網膜症というのは、緑内障と伴に、非常に自覚症状が乏しい目の病気となります。眼底出血を起こしてしまったとしても、光が網膜の中心部に届く段階では気付くことが出来ないのです。

 

そんな眼病経由で近視の失明を防ぐためには、とにかく日頃からの目の手入れは必須となります。目を使ったら、目の疲れをその場でとり、疲れ目を溜めないことが最も大事です。

 

予防方法として目のツボを指圧することが挙げられます。また緑黄色野菜を多く食べることで、確実に眼病を予防することが出来ると言われています。