近視の視力回復

 

近視の視力回復

近視というのは治療することが出来るものなのでしょうか?最近の日本におきましては、近視で悩む人口がどんどんと増えてきています。それと比例をするように、メガネやコンタクトレンズの着用、レーシック手術を受けるなどといった視力矯正をする人も増えてきています。

 

結論から言いますと、近視というのは治すことが出来ます。しかし視力回復トレーニングを毎日、そして根気よく持続していくことが前提の条件となります。

 

そして近視回復トレーニングを継続していた場合、すぐに視力回復を実感する人もいますし、逆にどんなに頑張ってもなかなか視力がアップしない人もいらっしゃいます。

 

まず仮性近視というのは治る症状となります。その理由は、これは本物の近視の部類には入らず、ただの毛様体筋のコリが視力が低下してしまっている原因だからです。
そのことから水晶体を薄くすることが出来ずに遠くがぼやけているだけであり、眼球というのは、まだ変形状態になっていないのです。

 

仮性近視を進行することで、次は真性近視になっていきます。この真性近視というのは、屈折性近視と軸性近視に区別されます。つまり単なる目の筋肉の緊張だけが原因では無いのです。それでも近視は治すことが出来ます。

 

例えば東京視力回復センターにおきましては、数多くの屈折性近視や軸性近視の人たちが利用していますが、多くのみなさん近視を回復させることに成功しています。
それは、完全に視力1.5や1.0に戻すことは困難なことかもしれませんが、ある程度の視力でしたら近視は治すことが出来ます。

 

相乗効果を期待

 

一度変形してしまった眼球だったとしても、また元に戻る可能性というのは誰にも否定することはできません。その理由は、目や脳に関しましては、眼科医だったとしてもまだよく理解していないからです。

 

近視を治療するための確実な方法としましては、様々な近視回復訓練を組み合わせて実践することです。例えば3Dのマジカルアイなどといった視力回復の本、またピンホールメガネを使用してみるなどが挙げられます。

 

他にも超音波治療器ソニマックなどの視力回復マシーンを購入するといった方法もあります。また無料で実践することの出来る視力回復トレーニングを組み合わせてみるとさらに効果的です。

 

そのようにすることで相乗効果を期待することができます。言うならばあなただけの視力回復メニューなのです。

 

このように近視というのは治すことが出来ますが、視力改善をするのは大変な作業となります。根気よく継続することを心掛けましょう。