進行が早い近視

 

進行が早い近視

近視の進行というのは、多くの場合早いものです。これは近視になってしまうと、眼科にてメガネやコンタクトレンズなどを処方され、それを一日中装用していることになるからです。

 

もし近視になってしまっても、一切メガネを使用しなければ、それほど近視というのは進行していくことはありません。でも現実に生活をしていますと、それらを使用しないワケにはいきめあせん。

 

学生の場合には、黒板の文字を見る必要があるので、近視用の眼鏡をするのは必要なことですし、車を運転する際には片目で視力0.3、両目で視力0.7以上が必要となることから、それ以下の場合にはメガネが必要不可欠です。

 

問題となるのは、手元が見えているのに、メガネを使用している場合です。
学校などで黒板の文字を写す時など、手元と黒板を何度も見る時には、仕方の無いことですが、もし近くだけを見るような時には、出来る限りメガネを外すようにしましょう。
これだけでも近視の進行を遅らせることが出来ます。

 

可能でしたら室内にいる時には、メガネやコンタクトレンズは外した方が良いでしょう。

 

また子供の近視の進行のスピードというのはかなり早いもので、大人と比べて3倍以上とも言われています。学校で実施される視力検査で視力0.8だったとしても、半年経過することで視力0.1にまで落ちてしまっていることもあるのです。

 

しかし子供の目というのは柔軟性を持っているもので、まだ完全に固まっていないので、視力が回復するスピードも早いです。

 

自宅で無料で実践

 

今以上の近視の進行を抑えるためのコツとしましては、先述したように、出来る限り裸眼で生活をすることですが、もう一つ大事なポイントがあります。

 

それは目を酷使するようなことがあった場合、すぐその場で目の疲れを癒してあげることです。つまり疲れ目を蓄積させないということです。

 

例えばパソコンなどを使用した作業をした後には、目を強く開閉する動作を繰り返し、目の血行を促進させたり、たまに顔を上げ、遠くを見るといったことでも効果があります。

 

他にも視力回復のツボを、目を使用した後に指圧してあげることによって、視力アップに繋がることがあります。まさにこれが自宅で無料で実践することの出来る視力回復トレーニングの基本となります。

 

さらに近視の進行を完全に止めてしまうSP手術と呼ばれている治療法もあり、特殊なコラーゲン繊維を眼球の強膜に対して注入することで、眼球が補強され、眼軸がそれ以上進まなくなります。