安心安全なレーシック手術の仕組み

 

安心安全なレーシック手術の仕組み

ここ最近になって、レーシック手術により、視力回復を考えている人が、一気に増えてきています。この背景におきましては、レーシックの手術の技術の進化はもちろんのこと、安全性が世間的に知られることになったからです。

 

厚生労働省によって、2000年になるとエキシマレーザーを使っての屈折矯正手術が認可されることになりました。しかし当時の日本での実績というのは2万人と相当少なかったのです。それが現在になると、年間10万人といった数多くの人がレーシックを受けるようになったのです。

 

その要因としまして、レーシックの細かな仕組みについて、多くの患者が理解することになり、安心して手術を受けることが出来るようになったからなのではないでしょうか。

 

その結果、クチコミや芸能人が手術を受けたということが話題となり、身近に感じるようになったのです。現在では、新しい視力回復法の一つとしてレーシックはその地位を確立しています。

 

レーシックの仕組み

 

ではここで、簡単にレーシックの仕組みについてご紹介させていただきます。

 

まずはマイクロケラトームと呼ばれているカンナのように削っていくような機械を使用することになります。この機械というのは、ミクロ単位という非常に細かな動きに設定することのできる、高性能な医療機器です。

 

マイクロケラトームよって、角膜の一部分を薄くめくっていきます。ちなみにこのめくられた部分というのは、「ラップ」と呼んでいます。

 

そしてめくられた角膜の部分に対して、エキシマレーザーを当て、角膜を蒸散させていきます。このようにすることで、近視や乱視、遠視などといった様々な屈折異常を起こしていた部分を、矯正させることが出来ます。

 

マエキシマレーザーの当て方を少し調節してあげることによって、全ての屈折異常に対して治療をすることが出来るのです。微妙な調節をする際には、検視のデータを元としてコンピュータにプログラム化されています。
ですので、顕微鏡レベルの角膜異常だったとしても簡単に調整することが出来るのです。

 

全ての調整が終わったら、最後に角膜を削って出来たラップを元に戻してあげるだけです。このラップというのは、自然と元に戻ってくるのを待っているだけで大丈夫ですので、特に薬品などを使用することはありません。

 

簡単に書かせていただきましたが、これがレーシックの仕組みとなります。ここまでの手術内容で、時間にして概ね15分〜30分程度となります。そこまで短時間で、これだけの精度の高い手術をすることが出来るようになったのです。