レーシック手術の歴史

 

レーシック手術の歴史

レーシックというのは、「屈折矯正手術」となります。そんなレーシックの歴史についてですが、日本におきましては今から10年くらい前であり徐々に注目を集めるようになってきました。

 

このような屈折矯正手術の始まりというのは、実は1800年代から始まっているのです。1800年代後半になると、角膜を切開し、屈折手術をするといった考えが誕生しました。

 

その後初めて1939年に日本において切開を行っての、屈折矯正手術に成功をしたのです。当時の手術自体は成功となりましたが、術後の経過において角膜に濁りが出てしまうことが判明したのです。

 

次に1972年になるとソ連にて、角膜の前面のみを切開するといった新しい屈折矯正手術が実施されました。これにより、角膜の濁りは解消することが出来ましたが、完成精度しましては残念ながら低くあまり広まることはありませんでした。

 

1980年代になると、アメリカにおいてエキシマレーザーが開発されました。この機械を使用することによって、ミクロン単位で施術をすることが可能になったのです。

 

そして1990年のギリシャにて始めて、レーシックが行われたのです。1995年になるとアメリカにてエキシマレーザーを使った屈折矯正手術がFDAで認可されることになったのです。
これにより、レーシック手術がアメリカで一気に注目されるようになりました。

 

レーシックが原因での失明件数はゼロ

 

日本におきましては、2000年になってからエキシマレーザーを使用しての屈折矯正手術が、厚生省で認められたのです。このことから日本で視力回復の手術が可能になったのはごく最近のことだということがわかります。

 

しかし日本人の考え方で、手術というのは最終手段の一つであり、医師から勧められない限りは、自らの医師で積極的に行わないという人の割合が高いです。

 

そんな考え方から、他国と比較をして手術件数が伸びなったのです。ちなみに認可された2000年では、2万人のみの実績に留まったのです。

 

特に目の手術ということから、失明という不安要素も強い傾向にあるために、手術に踏み込むことの出来ない人も多いのです。しかし徐々にレーシック手術の認識、また実績数が増えていき、その安全性が一般的に広まりました。

 

2005年になると、当初の3倍以上の7万人という人がレーシック手術を受けているのです。
これだけ実績を増えてきたのも、レーシックが原因での失明件数が0であること、また施術方法の選択肢が増えてきていることも理由に挙げることが出来ます。