基本的なレーシック手術の流れ

 

基本的なレーシック手術の流れ

メガネやコンタクトレンズなどに頼ることなく視力を回復することの出来る方法としまして、最近注目が一気に集まっているのがレーシックと呼ばれる手術です。何も器具をつけずに日常生活を送ることが出来るようになるのは、視力が悪い人にとりましては、夢のような話なのではないでしょうか?

 

しかしどんなにレーシックに興味があったとしても、不安が残っている人というのは大勢いるかと思います。お金はどの程度必要になるのか?手術自体は怖くないのか?後遺症を起こしてしまうリスクは無いのか?

 

そのような方のために、ここではレーシックについての基礎知識を簡単にまとめてみました。是非参考にしてみてください。

 

まず最初にレーシックってなんなのでしょうか?レーシックというのは、そもそも英語でLaser(-assisted) in Situ Keratomileusisとなります。このことからレーザーを眼球に照射することで、角膜を彫って整形していくことというのが元々の意味となります。

 

近視の人というのは、角膜での屈折が正常では無くなってしまっており、像を網膜に合わせることが出来なくなっていることから、遠くのものを見ることが出来ないのです。

 

そこでレーシック手術ではレーザーを照射することで角膜を削っていき、屈折具合を変化させてあげることにより、遠くのものが普通に見えるようになります。
1990年代からレーシックは行われるようになり、現在では世界的にも普及している手術となります。

 

レーシック手術の手順

 

では手術の手順というのは、具体的にどのようにして行われるのでしょうか?

 

まず最初にコンタクトレンズを使用している場合においては、ハードコンタクトレンズでしたら一週間前、ソフトの場合には三日前から裸眼で生活をします。

 

コンタクトレンズにより、眼球の形に癖が出来てしまっている場合には、角膜の削り具合がうまく出来ないことがあるからです。

 

そして手術をする前には各種検査や診察、カウンセリングなどが実施されます。場合によりましてはレーシックを受けることの出来ないこともあります。

 

手術自体は、他に予約さえ入っていなければ、検査を受けたその日のうちに、すぐにできる場合があります。

 

あらかじめ眼薬によって瞳孔を開けさせている状態で手術が始まります。麻酔の効いた状態で、レーザー機器、または眼球用カンナと言われているマイクロケラトームで角膜の表面を蓋状に切り開き、角膜の実質層をレーザーで削っていきます。

 

最後にフラップを閉めて、点眼消毒をすることで手術は完了です。