近視のメガネの特徴

 

近視のメガネの特徴

ただ単に近視のメガネと言いましても、特色というのがあります。

 

まず最初に近視のメガネというのは、眼科で言っている視力の矯正器具となります。このことから目の内部は近眼のままで放置し、言うならば松葉杖のような感じで擬似的に視力を回復させていくこととなります。

 

物を見ることが出来るというのは、もちろん脳も大きく関わってくることになるのですが、所詮光の屈折なのです。近視の目というのは、目の屈折力が強過ぎたり、また眼球が長かったりすることがあるために、 網膜の手前で焦点を結んでしまっているのです。

 

そこで近視のメガネレンズを目の前である12ミリに置くことによって、近視を矯正していくことになります。近視のメガネと言いますと、強度の近視の場合におきましては、端のほうが分厚いイメージがありますが、これは近視用眼鏡が凹レンズで作られているからです。

 

この凹レンズというのは、焦点距離を伸ばす作用があります。ちなみに虫眼鏡の場合は、太陽の光を近くにある紙の上に集約し、焦げさすことが出来ますが、凸レンズはその反対の作用となります。

 

たしかに近視のメガネというのは、レンズ中央部が薄く、そして端に行けば行くほど厚くなってくるという形状の特徴がありますが、人間の顔にピッタリとフィットするように三日月形となります。まさにこれが近視矯正レンズである凹メニスカスレンズなのです。

 

ガラスレンズとプラスチックレンズ

 

近視のメガネに使われている凹メニスカスレンズというのは、外側が凸状になっており、内側がへこんでいるような凸レンズのようにも見えるかもしれません。

 

しかし、実際には顔にフィットさせる為のメニスカス形状となっており、つまり凹レンズなのです。
近視用眼鏡をしっかりと観察してみますと、凸レンズに確かに見えますが、中央部が薄く、端に行くほど厚くなってきています。この厚みというのが、強度の近眼の人を悩ませる原因になっているのです。

 

ガラスレンズの場合ですと、確かに薄くはなりますが、その分重いという性質を持っています。そしてプラスチックレンズの場合は厚いものの、逆に軽いという特徴があります。

 

メガネレンズにおきましては、両面非球面レンズと呼ばれている種類もあり、これでしたらレンズの端の厚みを軽減することが出来ます。特に強度の近視の人に対してオススメのタイプです。ただし高性能な分、費用は高く付いてしまいますのでご注意ください。