レーシックで失明報告は無い

 

レーシックで失明報告は無い

最近になって、視力回復方法の一つとしまして、世間的にも確立され始めてきたのが、レーシック手術です。そんなレーシックが日本国内で行われるようになってから、10年以上経過しています。

 

しかし医療実績として考えますと、この10年というのは非常に短い部類に入ります。ただレーシックを受けた後のメリットは多くあることで、施術を積極的に受けている人が年々増えてきているのです。

 

レーシックが初めて日本で認可された年に受けた人は2万人のみでしたが、現在では年間10万人以上の人がレーシック手術を受けているのです。

 

レーシックは多くのメリットを得ることが出来るというのは、多くの人が知っているかと思います。しかしレーシックに限らず、何事に関しても、デメリットというのもあることを忘れてはいけないのです。そのようなデメリットをきちんと理解した上で、受けるか受けないのかを決めるようにしてください。

 

レーシックにおきましても、いくつかデメリットを挙げることが出来ますので、ここで簡単にご紹介させていただきます。まず一つ目としまして、年齢制限が定められているということです。

 

殆どの病院において、18歳以上でなければ、レーシックを受けることが出来ません。その理由は、まだ目が成長段階の途中であり、施術をすることに対して安全性が確立していないからです。

 

失明したという事例は一度も無い

 

近視はもちろん、乱視や遠視などといった症状がひどい方だったとしても、その症状が落ち着いてくるのは、30〜40代と言われています。まだ近視が進行段階で、レーシック施術を受けた場合、施術後に再度近視が進行してしまう可能性があるということです。

 

年齢を重ねていくことによって症状が安定し、症状がこれ以上悪化しにくいと判断した時期にレーシック施術を行うことがオススメです。

 

そしてもう一つとして、安全性が挙げられます。これが最も大きなネックとなる人が、多いかと思います。安心してもらいたいこととして、これまで全世界において週百万回の施術事例がありますが、これまでに失明したという事例は一度もありません。

 

このことから、レーシックを受けたところで失明してしまう可能性は皆無なのです。

 

ただし、手術をするということには違いはありませんので、100%の安全を保証しているとは言い切ることは出来ません。

 

例えば術後のドライアイやハロ現象が挙げられます。しかしこれらの症状は術後一定期間で徐々に回復していきますので、そこまで心配する必要はありません。