後遺症を知ってレーシックを受ける

 

後遺症を知ってレーシックを受ける

レーシックというのは、手軽に視力回復を実現することの出来る、まさに夢のような手術と言えます。アメリカはもちろんのこと、美容整形大国の韓国、また日本におきましても受ける人が一気に増えてきており、もはや一般的に知られる手術となりました。

 

しかし、レーシックには何らかの危険性は本当に無いのでしょうか?医療事故や後遺症についてはどの程度あるのか、など気になるようなことは結構多くあるかと思います。

 

もしこれからレーシックを受けようと考えている人は、このようなことをきちんと理解した上で受けることが大切です。まず失明をする可能性ですが、結論から言わせてもらえば、それはありえないことです。

 

実際にこのレーシック手術が開発され、症例をこなすようになってから、そのようなことは一回も報告されていませんし、これから起こってしまうようなことも考えられません。

 

その理由としましては、レーシックというのは角膜の表面の一部を切除することとなる手術だからです。眼の奥にある視神経に近い網膜に対して手を加える手術でしたら、そのようなリスクも考えられますが、角膜を削るこのレーシック手術で、光を感じることが出来なくなるのは皆無と言えます。

 

ドライアイやハロ・グレア

 

また合併症や後遺症についてですが、まず考えられるものは「ドライアイ」「不正乱視」「角膜混濁」「目の充血」「角膜拡張症」「ハロ・グレア」「サハラ砂漠症候群」などといったものが挙げられます。

 

中でも特にドライアイやハロ・グレアについては、発症してしまう可能性が高くなっています。ハロ・グレアというのは、光が滲んで見えてしまう現象のことを言います。

 

視力の悪い人というのは、暗所で光を見ますと実際に経験することがあるかもしれません。このようなハロ・グレアとドライアイについては、発症してしまっても、数カ月もすると、徐々に治まってくる場合が殆どですのでご安心ください。

 

他の現象についても発症してから、時間経過とともに徐々に和らいでいく場合があるようです。ただし体質によりまして、発症してしまう確率には差が出てくることから、予め医師に相談をした方が良いでしょう。

 

またアベリーノ症の人がレーシックを受けてしまうと、視力の急激な低下を起こしてしまう可能性が高いので注意をしなければいけません。

 

レーシックを受ける前の検査で基本的に発見されることとなりますので、その段階で手術をするかどうかを判断します。