原因を知って近視対策

 

原因を知って近視対策

近視になってしまう原因というのは何が挙げられるのでしょうか?
近視の原因説として広く知られているのが「遺伝説」「環境説」「成長説」の3となります。

 

遺伝説というのは、もちろん親に似ることを言います。親が近視や近眼の状態ですと、子供の目も近眼になってしまい、徐々に眼球が伸びてきてしまうことになります。子供というのは、親の顔や体型に似ることになりますので、これに関しても十分ありえることです。

 

しかし病的近視以外においては、そこまで心配してするほどのレベルではありません。例えば親の近視の遺伝を引き継いでしまったとしても、正しい目の使い方を視力回復トレーニングにて身に付けることが出来れば、正視のまま維持することが出来ます。

 

いずれにしましても、遺伝の影響というのは5%程度しかない、と主張している専門医もいます。

 

また近視の原因として最も考えられているのが環境説です。とにかく近くを見続けて目を酷使してしまうといった環境というのが、近視の原因としまして最も説得力があるのではないでしょうか。

 

コンピュータやゲーム機などといったものの普及に歩調を合わせるように、日本の近視人口が増加してきてしまっているという現実があります。
子供の場合においては、それだけではなく、学校の勉強もしていく必要がありますし、塾通いの子供も増えてきています。

 

毛様体筋の緊張から起こる

 

普段の生活の中で、近くを見続けている時間が大半を占めていれば、もちろんそれだけ近視になってしまうのは当然と言えるのです。目の仕組みから考えてみましても、近くを長時間見続けて目を酷使することは、長時間に渡って毛様体筋の緊張を続けてしまうことになるのです。

 

仮性近視というのは毛様体筋の緊張から起こるものであり「偽近視」なのです。そのまま仮性近視を放っておいてしまうと、毛様体筋の緊張が取れなくなってしまい、最終的には固定化されてしまいます。これが「真性近視」となります。

 

もし近視の原因が環境説である場合には、目に良い環境を作ってあげることによって、近視を改善することが出来ます。つまり視力回復トレーニングというのは、意識的に目に良い環境を作り出すことなのです。

 

そのほかに近視の原因に成長説と呼ばれているものもあり、これは眼軸が体の成長とともに伸びて近眼になってしまうことです。

 

このように近視を起こしてしまう原因はいくつかありますので、まずは近視の原因を探り、その原因に適した方法で改善していくことが大切です。