レーシックを受ける病院の選び方

 

レーシックを受ける病院の選び方

レーシックの手術を受けることの出来るクリニックというのは、東京や大阪などといった大都市でしたら、数多くありますが、どこのクリニックで受けたら良いかをまずはきちんと選ぶ必要があります。

 

あまり考えることなくレーシック手術を受けてしまい、後になって何かトラブルが起こってしまっては大変です。そこでここでは、どのような基準においてクリニックを選んだら良いかを考えてみましょう。

 

まずは眼科専門医かどうかということが重要となりますが、日本眼科学会が定めているガイドラインによりますと、レーシック手術をはじめとする、いくつかの屈折矯正手術といのは、眼科医であることが条件、と定められています。

 

しかしこの条件というのは法的拘束力は無く、実際のところは眼科の専門医で無い医師によってレーシックを行っているクリニックも多くあります。

 

もちろん眼科医の資格を持たない医師の全てがレーシック手術の実績が無いとは言えませんが、基本的には眼科医というのは眼のプロフェッショナルですので、安心することが出来ます。

 

ガイドラインにもきちんと記載されていることですので、眼科医の方が良いことは明白なのです。貴方を担当している医師が眼科医かどうかというのは、実際にレーシック手術を受ける前に意識しておいた方が良いかもしれません。

 

大切なインフォームドコンセント

 

基本的に、症例数についてですが、症例数の多い医師というのはその分技術が高いと言えます。手術数の多い医師は様々なデータより、失敗が少ないということがわかっているのです。

 

レーシック手術に万全を期しているのでしたら、なるべく症例数の多い医師を指名した方が良いでしょう。しかし、医師を直接指名することの出来るクリニックと、指名することの出来ないクリニックがありますので、事前に確認をしておくようにしましょう。

 

インフォームドコンセントというのは、医師が患者に対して治療の内容をきちんと知らせ、患者の同意を得ることを言います。

 

レーシック手術に関してだけではありませんが、このインフォームドコンセントがしっかりしているかというのは非常に重要なポイントと言えるでしょう。

 

効率を優先し、この部分が疎かになってしまっていると、患者から安心感を得ることは出来ませんし、何かトラブルが起こってしまう確率も高くなってしまいます。

 

一つのクリニックで決めるのではなく、2つ以上のクリニックにまずは相談をしてから比較することをオススメします。